まこちゃんのもろもろかなえたまえ

アクセスカウンタ

zoom RSS 八月

<<   作成日時 : 2013/08/04 23:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

八月になっちゃいましたね。スケジュールはは何とか1日にUPできたけど、お店に付けようと思ったいたちゃっちいエアコンは紆余曲折の末本日自宅に。今年もどうらくは暑い夏ですよ。

画像

画像


で先月のやりのこしといえばが笹子にのぼった話。新田というところから溪道に入るところから。かっちゃんはクマよけと称しでぼくを同道したうえに、ジャズまで流しながらひたすら進む。山道ばかりで見どころもないが、明治天皇の御野立て跡の碑など見ながら進むと、さっきのおじさんの言っていた矢立の杉って大杉にたどり着いた。木の洞から天を仰げるらしいが養生のため中は立ち入り禁止。

画像


その上の方には矢立の杉をうたった杉良太郎の歌詞碑が立っていて、その脇にはおじさんが待っていた。すぐ近くまで車であがって来れるのである。となりの身代わり地蔵は表が杉良太郎、裏が五代夏子というので眺めてみるがさほどありがたくもない(あくまで個人的感想です)。

画像


かっちゃんをおじさんと並べて記念撮影をしてさらに山道をのぼる。ちょっときつめの尾根道を両側に谷を眺めて車道に出た。上にも車道が見えるのでショートカットを敢行すると、旧の笹子隧道入口に出た。確かに熊注意の立て札あり。

画像

画像


隧道を通らず峠を通るのが旧道歩きのだいご味?といいつつ峠にはすぐたどりついた。両側の尾根に挟まれた立ち場所もない峠であるが、朝抜きにはきついのでちょと休憩してもらってパンなど齧る。峠のすぐ下には天神様、さらにくだると山神の石像。コノハナサクヤビメさまかな。これからのくだりは茶屋跡とかの跡地ばかりの山道。

画像


民家の見えたところでまた休憩。かっちゃんと残りのおにぎりなどくらう。津島明神と芭蕉の句碑を眺めるとすぐ駒飼い宿。脇本陣に本陣の跡、お寺の石仏や雰囲気の残る家や庭木を見て更に進む。谷を下りきると街道はさらに続くが、そこで右折して甲斐大和駅へ向かう。けっこうの暑さにばてたのが本音。

画像


駅近くの諏訪神社にはかつて初鹿野の大杉という巨樹があったそうで、なるほど茶席でもできそうな広さの切り株が残っていた。社殿もなかなか。駅北のミニミニロータリーには武田勝頼公の銅像が。今宵のお宿は石和温泉。(続く?)。

画像

画像


ではお自愛のほど。さらばじゃ

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
八月 まこちゃんのもろもろかなえたまえ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる